腰痛を改善するためのストレッチは、腰痛の原因や症状を踏まえて、医師に相談しながら行うことが大切です。 勝手な判断で行うと、場合によっては症状を悪化させてしまうこともありますから気をつけてください。 それらを理解した上で、腰痛ストレッチにはいくつか効果的なものがあります。 まずは、腰を安定させるためには筋力が必要ですから、腹筋や背筋を鍛えるストレッチを行いましょう。 腹筋を鍛えるためには、できるだけゆっくり動くと効果的です。 完全に起き上がる必要はなく、むしろ少し起き上がったところで、3秒から5秒くらい静止する方が効果があります。 背筋はうつ伏せの状態から、両手をついて上半身だけ起こすようにしてください。 お腹を床につけたままで、背中を伸ばし、腰を反らすようにして、20秒くらい静止します。 息を止めずに深呼吸をすること、勢いをつけて反らさないことがポイントです。 ストレッチは伸ばしているところを意識しながら、無理のない範囲でリラックスして行うようにしましょう。 色々なやり方がありますから、自分にとってやりやすい、続けやすいやり方で行うというのも重要なことです。